よくある質問

障がいのある方

  • 大阪府ITステーションを利用するのは無料ですか? 無料で利用できます。教科書等も大阪府ITステーションで準備しており、無料で利用できます。通所のための交通費、在宅訓練時に必要な通信費等は自己負担です。
  • どれくらいのITスキルがあれば、受講できますか?キーボードを利用した文字入力、基本的なWindows操作のスキルは必要です。 就労支援相談時に簡単な確認テストを受けていただき、受講可能か判定します。 受講が難しいと判定された方には、市町村などで開催される基礎・初級講習会や、大阪府ITステーションのホームページ上で受講できるeラーニングを案内しています。
  • 自習形式(個別指導)とありますが、具体的にはどんな講習ですか?講習会形式の様に、講師が説明した操作方法を覚えるのではなく、課題に沿って自分で考えて操作し、不明箇所を講師に確認する形式の講習です。 
  • 病院の通院と講習の日程が重なるのですが、その時はどのようにすればよいですか? 通院を優先していただき、事前に通院日の日程が決まっているのであれば、予約済みの講習の受講日を取り消して、別の日程で再予約していただきます。
  • 講習では宿題などの課題が出されるのでしょうか。初級コースや中級コースでは持ち帰りの課題を出される事はありません。
    上級コースでは、復習や予習が必要になる場合があります。
  • PCが自宅に無いのですが、就労支援IT講習を受講できますか。受講はできます。
  • 上級コースでは、どのような講習が開催されているのですか。現在は、日本情報処理検定協会の検定対策(日本語ワープロ検定2級・3級、情報処理技能検定試験 表計算2級・3級、文書デザイン検定2級・3級、パソコンスピード認定 日本語)などを模擬試験を中心に開催しています。
  • 上級コースを受講するのは、高いスキルが必要なのですか?
    また、中級コースを終了後でないと上級コースの受講はできませんか?
    受講確認テストを受けていただき、上級コースを受講できるスキルがあると判定された方は、中級コースを受講していない方でも、上級コースの受講は可能です。
  • 聴覚障害なのですが、講習の受講は可能ですか?手話のできる講師がサポートに入るので、手話での受講が可能です。
    ご相談はメールでも受付けていますので、ご遠慮なくご相談下さい。
    E-mall : shien@itsapoot.jp
  • 視覚障がい者なのですが、講習の受講は可能ですか?視覚障がいのある専任の相談員がピアカウンセリングを行っています。
    一度、お電話でご相談下さい。
    電話:06-6776-1222
  • 上肢の障がいのためマウスを利用できませんが、受講は可能でしょうか?ジョイスティックやトラックボールなどの機器を用意しており、これらの周辺機器を利用した受講が可能です。利用できる周辺機器に関しては、就労支援相談時にご相談下さい。
  • 外出が困難な障がい者向けの個人指導はないのでしょうか?現在、個人指導は来所していただける方に対してのみおこなっています。

    来所が困難な方には、大阪府ITステーションのe-ラーニングを紹介し、自宅での学習に活用していただいています。

  • 就労希望者本人だけで就労支援相談を受けることは不安なので、家族が同席をしてもいいのでしょうか?就労支援相談では、就労に対する意欲・能力を確認する必要があります。

    就労希望者が1人で就労支援相談を受け、自分の考えや能力を相談員に伝えることが、就労に向けた第一歩になりますので、同席は可能ですが、ご本人から相談を受けてください。

  • 日頃、身の回りの補助を家族がおこなっています。講習に同席できますか?講習会は、自力通所が可能で自分で身の回りの基本的なことができる方を対象に開催しています。

    そのため、家族の方の教室への入室はお断りしております。

    講習を受講する上で特別な配慮が必要な方は、職員にご相談下さい。

  • 難病患者ですが、ITステーションを利用できますか?

    障害者総合支援法(「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」)第4条第1項の政令で定める疾病の方は利用することが可能です。
    なお、政令で定める疾病は以下のページを参照してください。

    政令で定める疾病のページ

  • 講習会やイベントのお知らせ等をお送りします メールマガジンのページへ移動する